【競馬場】競馬場のレース傾向を徹底解剖シリーズ

競馬場の傾向を徹底解剖(^J^)
これを見ればアナタも得意競馬場の一つに!?

今回は京都競馬(芝)の得意なコースをご紹介\(^o^)/

■芝1200メートル(内回り)
バックストレッチのやや2コーナー寄りの地点からスタート。短距離だけに当然のように逃げ、先行タイプの活躍が目立つ。1~3着、A~Cという仮柵に関係なく、前々でレースできる馬の活躍が多い。馬場状態に関してもそれは同じ傾向にあると言っていいかも。
近年は内~中枠の馬の活躍が圧倒的に多い。内目の芝が揃っていることと、ロスなく立ち回れることがその要因と思われる。内回りなのでコーナーまでの距離が短く、外枠の馬は外々を回されるコースロスが応えている様だ。
短距離の内回りということで当然、行く馬が有利。逃げ・先行タイプの馬を軸に差し馬を相手に選ぶ作戦が、最も効率が良さそうだ。また、逃げ・先行の行った行ったのケースも比較的多く、この組み合わせも考えておきたい。この距離で追い込みが決まるケースは極端な乱ペースになった時。その時は大抵、大荒れの場合が多く、出走馬の脚質をよく見て検討することを薦めたい。

優良サイト一覧バナー

コメントを残す

サブコンテンツ