京都競馬場を攻略-競馬場のコース傾向を掴む!

これで京都好きになれますよ。馬だけでは勝てないのが競馬です。
すべてはココから★

■芝1400メートル(内回り)
バックストレッチの2コーナー地点からのスタート。内回りコースということでやはり逃げ、特に“先行馬”の活躍が多いが、特に1・2着馬に関しては差しタイプを上回っている。差し、あるいは追い込みが届かずというシーンが目立ち、末脚を武器にしている馬はよくて2着、大半が3着止まりというケースが目に付く。枠順は、ほぼ万遍なく出ているので、あまり気にする必要はないだろう。狙いは、逃げ・先行馬を主力に差し・追い込みを、が理想と言えそうだ。

得意なコースを持っておこう(^^♪そうするだけでムダな投資額をカット\(^o^)/
そうなると自然に競馬生活が可能になる(#^.^#)

■芝2000メートル(内回り)
ホームストレッチ中央より、少し4コーナー寄りからのスタート。内回りコースの特徴でやはり先行勢の活躍が多い。次いで差し・追い込み・逃げの順となっている。
枠順は、内(1~3枠)がやや中・外をリード。中・外と外に行くにしたがって連対数は少なくなっている。コーナー4回と言うことで、ポジション取りに脚を使うため、やはり外ほど不利という結果が数字に表れている。逃げ馬の不振は、内回りによる先行馬の早目進出によるもので、4角で早々と並ばれるケースが多いことによる結果か。かと言って、追い込み馬もペースが上がる勝負処で置かれてしまうと追い込めずといった感じ。むしろ早目に捲くって行った方が奏功するケースがあるようだ。
この舞台は、先行馬を軸に差し馬へ。枠は内→中→外と言った組み合わせか。

今日はここまで! 次回も今回の続きをやります!
また、この競馬場のコース傾向が知りたいとかありましたらリクエストくださいね!!

優良サイト一覧バナー

コメントを残す

サブコンテンツ