京都競馬場を攻略-競馬場のダートコース傾向を掴む

今日から京都競馬場のダートコースの傾向を紹介しますね!

■ダート1200メートル
2コーナーを回った地点からのスタート。スタートして最初のコーナーまでは直線距離にして2ハロン(400m余り)ほどあるが、やはりスピードある馬が有利で1着馬は逃げ馬の活躍が目立つ。ただ全体的に占める割合はやはり先行馬が一番で、次いで差し馬。追い込みは全くダメとは言えないが、全体的にはかなり少ない。
枠順からは、中(4~6枠)が一歩リードで差がなく内(1~3枠)。外(7・8枠)はやや劣勢という状況。
このコースは、脚質は(内枠引いた逃げ馬は単勝も)先行馬を軸に差し・逃げ馬が相手の組み合わせでほぼ大丈夫だろう。枠は先行タイプなら内・中で差し馬なら中から外といったところか。

■ダート1400メートル
2コーナーの引き込み地点からのスタート。スタートしてわずかの間(中山の1200m程ではないが)、芝を走ってからダートに。最初のコーナーまでそれなりの距離はあるものの、1200m同様、先行タイプが馬場を問わず大活躍(1・2着共に)している。次いで差し・逃げ・追い込みの順。追い込み馬も近年はやや活躍の兆しが出てきた点が、変化と言えば言える。
枠順では、1着馬は中(4~6枠)・内がほぼ互角でやや外をリードしているが、1200mほどの差はない。
直線が平たんな京都だけに、スピード優先の逃げ・先行タイプが有利は有利だが、差し・追い込みの出番も考えておきたい。
このコースは先行馬中心とハッキリ。相手は逃げ・差しが妥当な組み合わせだが、脚質の偏りが見られる際は追い込みタイプも無視はできない。

本日はここまで! 京都競馬場のダートコースの特徴が分かったら、馬券購入に活かそうよ!!

優良サイト一覧バナー

京都競馬場を攻略-競馬場のダートコース傾向を掴むの最新口コミ一覧(1件)

  1. 名無しのリーク より:

    香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業

コメントを残す

サブコンテンツ