な行の競馬用語集

あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

な行で始まる競馬の用語や道具の名前などの詳細を説明。今後の競馬活動に役立てるようこの機会にご活用ください。

ナイラ

腺疫のこと。 馬に多い伝染病で若馬にかかり易く、ほとんど総ての馬が必ずかかるといってもよいくらいである。古馬でもかからないとは言えない。病原は腺疫菌という化膿菌で淋巳腺を化膿させることが特徴である。冬期から初春頃多く発生する。軽いのは1~2週で治るが悪性のものは種々の病気を併発して死ぬこともある。

ながし

【流し】
軸馬を1頭決めて、その軸馬から他馬を選択して馬券を購入すること。軸馬から総ての他馬を選択した場合は、「総流し」という。今は、ながし・ボックスマークカードがあるので流しで馬券を購入際は、便利である。

なまり


【鉛】
体の軽い騎手が負担重量調整する時に使用する鉛板のこと鉛板は普通0.2キロで、厩舎では0.1キロ。これを特製バンドにに入れ自分の腹に固定する。ベルトのようになっていて、これを鉛バンドと呼んでいる。


にげうま

【逃げ馬】
逃げて勝負する脚質。前半からとばし、上がりになるとぎりぎりになることが多いので、短中距離を得意としている。

にそうボケ


【二走ボケ】
長い間休養していた馬が休養明けを好走(鉄砲駆けという)して人気になった馬が、二走めで凡走すること。久々の好走で反動がでるのか、このようなケースがある。

にゅうじょうきょひ


【入場拒否】
競馬の公正を害し、或いは競馬場内の秩序を乱す恐れがある者、他人の迷惑となるよな服装をしている者などは競馬場への入場拒否します。また入場後、公正を害したり、秩序を乱したりしても退場を命ぜられます。

にゅうちゃくば


【入着馬】
本賞金を受ける対象となる馬のこと。 5着(一部の地方競馬場は四着)までにゴールした馬。

ねそこない


【寝そこない】
寝起きの際に発生する事故を総称したもので、いわゆる「病気」とは異なる。寝ワラのかたまった場所や馬房壁の近くで寝た場合、不自然な姿勢となるが、この状態から無理に起きようとすると関節や筋肉に故障を起こし易く、また、外傷を負うこともある。これを寝そこない(寝ちがい)という。

ねわら


【寝わら】
馬房に敷いてあるワラのこと。 布団と同じように常に乾燥、清潔に保つ必要がある。尿などでぬれるので毎日寝わらがえしという仕事を行なって取り除き、天気のよい時は、馬房の前の空地(鼻前)に寝わらを広げて乾かしている。汚れたのは捨てられるのでその補充に新しくわらを入れる。これをさしわらという。最近では寝わらの替わりにオガクズを利用する厩舎もある。

ノミ屋

私設馬券屋のこと。 競馬法では勝馬投票券類似の行為をした者は、5年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる。ファンもこれを利用した者は罰せられるので注意しなければならない。

のりうんどう

【乗り運動】
同じトレーニングでも馬場内で行なう調教とは違い、厩舎の周りを厩務員が乗り、馬を歩かせて行なうトレーニングである。毎日乗り運動をして十分に体をほぐした後に、馬場内の調教に移る。

のりやく

【乗り役】
騎手のこと。 別名「やね」ともいう。前走と騎手が代わることを「やねが変わった」という。

優良サイト一覧バナー

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ